昔から現金の構図が歓迎だったので、高校生を卒業してしばらくしてから功績した社の経理の職は僕に合っていました

昔から自分のお現金などの計算をするのがフェチでした。
ハイスクールを卒業してから特に進学などをしないでアルバイターをしていたのですが、ハイスクールの教官からの紹介である組合に就職することになりました。
こういう組合の総務に配属繋がることになり、経理の職務を任されることになりました。
はじめは簿記の要素なんて全く知らなかったので、職務も思うように進まず残業ばかりしていました。
ボスからは日々お知らせ繋がるし、もう辞めたいなと思ったのですが、組合がお金を出してくれると言うことなので簿記のライセンスを作るための勉強に通いました。
勉強に通うと簿記のことがよく行き渡り、自分が如何なる仕事をしているかがわかってきてだんだん職務が楽しくなってきました。
昔から元手の計算をするのがフェチだったので、やはり経理の職務は自分に向いているんだなと実感しました。
こういう組合は結婚して児童が起こるまで8通年働いていたのですが、元手の計算ができるので自分に合っていた職務ですなと思いました。これは凄い! マンション購入の悩みを便利にする